製品案内

酸化還元確認計『アラ!元気』 定価¥203,657(税込)

  酸化還元確認計 「アラ!元気」の性能


血液と同等の様々な体内の情報をもつ人間の唾液の酸化度合いを測定することで、抗酸化物質「(酵素)・(ビタミン)・(植物栄養素)」の酸化=サビ防る防止摂取効果をまたは健康状態の判断材料にする酸化還元確認計Oxidation&Reduction「アラ!元気」

健康食品・健康運動…効果が自分で数値で確認⇒やっててよかった。

人間の唾液の酸化体と還元体の活量比率を総合的に演算し、唾液で体内が酸化(サビ)状態にあるのか還元状態にあるのか1分以内の高速で測定できます。

電源・測定ボタンの2つを押すだけの簡単操作と、電子回路による自動校正機能によりいつでも測定できるうえ、採血のような苦痛を伴わずに唾液を少量綿棒に含ませるだけで、乳幼児から高齢者まで安全で衛生的な測定ができます。

飲食直後の測定により、摂取した飲食物が自分の体内で酸化状態か還元状態(抗酸化作用)かを確認できるため、食生活習慣の改善が図れます。自覚症状が現れたり、病名がわかる前の未病段階で自分の身体の過労や不調を体調度として確認、超早期対応が図れます。

※測定方法説明書・付属品については購入時に同封致します。
※測定手順についてはトップ(㌻):最新投稿・唾液測定手順の動画をご参照ください。
「アラ!元気」詳細PDFはこちら

世界初:唾液で自分体調(体調度を)いつでも確認できる
「アラ!元気」測定機器の活用方法について

健康に気をつけている努力が実ってきます。

生命の歴史と次世代の製品の開発は、

地球上の歴史において、いっどんな物質が誕生し、生命がどのように
進化していつたのか。

この化学進化にこそ、病気の発生のしくみエイジング(老化の現象)
の原因が隠されています。

地球と生命の起源とも言える化学進化をたどり、そこから発想した
機能性食品、化粧品、医薬部外品等に利用できる機能性物質の開発
は、環境と生命現象を1つのフィ―ルドととらえ、様々な研究が
取り組み、重要な、不可欠な分野だと思います。

そこで、活性酸素(酸化=サビる)対策(抗酸化作用・サプリメンと)

活性酸素を除去(酸化=サビ・を防止)する物質を「抗酸化物質」と
言います。抗酸化物質(=酸化を防止)には大きく分けると
「酵素」・「ビタミン」・「植物栄養素」
の3種類があります。

活性酸素を除去する酵素SOD。
●SOD(スーパ―・オキサイド・ディスムタ―ゼ)
●グルタチオンぺルオキタ―ゼ
●カタラ―ゼ

活性酸素を除去する抗酸化(抗酸化作用=酸化防止)ビタミン。
●ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB2.

活性酸素を除去する抗酸化(抗酸化作用=酸化防止)植物栄養素。
●カテキン・カロテノイド・アンソシアニン(アントシアニン)
ケルセチン・イソフラボウ

活性酸素サプリメントで除去する。
現代生きる私たちの体の中には一昔前では考えられないほど
活性酸素の脅威にさらされています。
活性酸素の発生原因は増え続けているのに、活性酸素を
除去する抗酸化物質(抗酸化作用=酸化防止)は少なく
なっています。

体内で発生した活性酸素を除去するために「ビタミン」
「酵素」・「植物栄養素」の3種類が協力し合い、
活性酸素を除去するのが理想的です。

酵素を作るためのミネラル、抗酸化ビタミンのA,C,Eは
食品から取りにくい状況になっています。
野菜の栄養価が減ってしまっている現在の状況を考える
と活性酸素を除去するためのサプリメントを利用のが
現実的です。

サプリメントの補給

補給すべき栄養素は「ビタミン」と「ミネラル」です。
ビタミンとミネラルは抗酸化以前に人間が健康的に
生きていくためには必ず必要な栄養素です。

ビタミン、ミネラルは単独で存在していても充分な力
を発揮できません。いろいろな種類が同時に体内に
存在していなければならないのです。
つまりサプリメントでビタミン、ミネラルをとるときに
「ビタミンC」や「ビタミンE」など単独でとっても
あまり意味ありません(もちろん取らないより取った
方がいいです。)

サプリメントはビタミンとミネラル配合された
「マルチビタミン、ミネラル」のサプリメントを摂る
べきなのです。
特に活性酸素の除去=抗酸化(酸化=サビる)を考えた
場合に摂るべきサプリメントは「マルチビタミン、ミネラル」
です。
マルチビタミン・ミネラルを摂った上で、さらに植物が持つ
抗酸化栄養素をプラスしていきます。
サプリメントの中にはマルチビタミン・ミネラルにプラスして
カテキンやリコピン、アントシアニンなど強力な抗酸化栄養素
をプラスした製品も販売されています。
ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶようにしてください。

健康維持・改善のためサプリメント他の栄養素お買い求め、
実際に摂取した自分の体内が、日々体内の酸化=サビが
除去され、還元(抗酸化力・免疫力)の方向に向かって
いるのか、自分で数値をもって確認することができなかった。

そこで大切なのは、数値で自分が確認できないと、摂取した
栄養素が自分に効果的に良いのか不安・・・続けて良いのか
不安になるのではないでしょうか・・・そんな悩み、不安を
解消でき、安心して
体質改善、・・・美容と健康に導く
ように活用できるのが
「アラ!元気」で
「分かる」⇒「始める」⇒「続ける」見てください。

美容と健康のため:「ビタミン」・「酵素」・「植物栄養素」お愛用のあなたへ

体内で発生した活性酸素(=サビる)を⇒摂取する
その結果を・効果を⇒自分で数値で、だれでも
簡単に低コストで毎日何回でも確認できる

美容と健康のために抗酸化力(抗酸化作用):の維持をお探しの方へ
身体の酸化から身を守るアンチエイジングには欠かせません。美容や健康
のために抗酸化か⇒還元を意識していきましょう。

抗酸化作用とは
私たちは酸素を取り入れて、エネルギーをつくりますが、
その過程で一部の酸素が酸化力の強い”活性酸素”に変化
します。この活性酸素が増え過ぎると、血管や細胞を傷
つけ、体の内側を酸化(=サビル)させ、動脈硬化など
を引き起こし、生活習慣病を招きます。
「活性酸素を抑える働き=抗酸化作用」がアンチエイジン
グには不可欠です!

アンチエジングとは
加齢により身体の機能的な衰え(老化)を可能な限り
小サクすること、言い換えると、
「いつまでも若々しく」ありたいとの願いをかなえる
ことです。特に中年期以降に認知症・皮膚老化・
更生期障害・老眼・難聴・歯消失などの老年病の
リスクが高まります。

若々し毎日へ ⇒ パワーを高める健康成分⇒体調を整える
⇒年齢美容に⇒若々しさに⇒いつでも手軽に、簡単に、測定
できるリブラブ制の「アラ!元気」の活用へ。

こんな方に”朗報‴・・・お勧め
最近こんなこと感じていませんか
朝からだるくて元気が出ない⇒鏡を見るたびに年を感じる
⇒ちょとした運動がつらくなった。⇒家事をする気力が
湧かない。⇒こんな悩みに影響しているんが、⇒加齢・
生活習慣の乱れ⇒そこで大切なのは・食事・適度な運動
・規則正しい睡眠・など生活習慣の見直し、改善が大切
になってきます。…そこでお役にたつのが、
唾液測定器「アラ!元気」で
抗酸化力
免疫力
の還元の体内方向に改善してください。

美容と健康のため
抗酸化作用とは、・・・アンチエイジング効果とは
肌のシミが増えた、しわが気になる、そんな症状が加齢とともに
現れてきます。老化現象の主な理由の一つが肌のサビです。

肌のサビを引き起こす活性酸素は本来体内に侵入した細胞や
ウイルスと闘ってくれるのです。しかし、加齢やストセスなど
が原因で増えすぎてしまうと肌や身体の老化を招き、悪影響を
及ぼすのです。このため、活性酸素を除去してくれる抗酸化
作用のあるものを摂取することが大切です。

抗酸化作用のある食べ物を摂取することで、アンチエイギング
にも効果が期待できます。ビタミン類(特にA・C・E)やミネラル、ポリフェノー
ル・カロテノイドは抗酸化作用が高いため、毎日摂取することで老化を防ぐ
ことができます。果物や色濃い野菜など、選んで摂取すること
で身体にも良い効果をもたらします。

アンチエイジングを気にするからと高いスキンケアを使っても
効果が現れない場合は、サビが原因の一つです。
食べ物を選んで摂取することで肌だけでなく身体のアンチエイ
ジング効果も期待できます。

もちろん、抗酸化食品を食べるだけでなく、抗酸化成分による
スキンケアも肌のサビを解消する手段です。最近は、様々な
抗酸化成分を配合したエイジング化粧品が登場しています。
肌の老化を防ぐ。シミやしわを減らしたい。そんなときは、
抗酸化成分に注目して化粧品を選ぶと効果的です。

抗酸化物質で免疫力アップ

免疫力を高めるための重要ポイントは、免疫細胞が働きやすい
体内環境を整えることです。

免疫細胞が働きやすい環境とは、極端に言うと体内に活性酸素
少ない状態です。

活性酸素が増えると免疫細胞は働きにくくなります。
この活性酸素に対抗するのが抗酸化物質です。

抗酸化物質を十分に補給すると、体内の活性酸素が減少し、
免疫細胞を活性化させることができます。

つまり、抗酸化物質が免疫細胞の働きをアシストし、
免疫監視機構を効率良く作動させるのです。

抗酸化物質として代表されるものは、緑黄色野菜や果物
に含有されるビタミンE.C,B,B群、A(カロチン)
お茶、ココア、ポリフェノール、などのファイトケミカル
(植物由来の抗酸化栄養素)があります。

免疫とは

病原菌やウイルスなどの外敵の侵入を防いだリ、体内
にできた害をもたらす細胞を除去するという自己防衛
機能。

体内で発生したガン細胞や外から侵入した細胞やウイ
ルスなどを常に監視し撃退するその仕組みは実に
精巧にできており、いくつもの免疫細胞が協調しあって
働いています。

免疫細胞たちは、あなたが意識していないあいだにも、
ガン細胞を死滅させたり、風邪などの病気にかからない
ように外敵の侵入を防いだりしてくれています。

いつも体を守ってくれている、いわばボディ‐ガード
なのです
そこで必要なのは身体の酸化と還元を測定する、
「アラ!元気」です、あなたの体質改善に。

◎世界初:唾液の測定手順(測定は誰でも簡単に出来ます。)の動画をご参照ください
〇数値で、体内が酸化(サビ・疲労)または還元(抗酸化力・免疫力)を
自分で確認できます。
〇測定時間は約58秒。
〇資格がなくても誰でも簡単に測定できます。
〇1回の測定コスト約13円程度。
〇正確性・・・1000分の1mv(化学的。酸化還元電位の単位mv)

◎唾液酸化還元確認計「アラ!元気R」による測定数値Q&A
●測定結果の数値は「病名特定」はできません。
●悩み・心配事・極度の緊張でもストレスで高い数値を示すからです。
●測定結果の数値は体内の「体調度」=酸化と還元の数値の確認です。
●唾液は摂取したものが腸に吸収され血液を通じて唾液で作られること
が医学の世界において立証されています。このことから痛みをとも
わない唾液測定に着眼したのです。
●「アラ!元気R」測定計は、生体内物質である唾液成分のひとつひとつ
酸化体と還元体活性比率(活量)を総合的に演算し、体内状態が酸化
体に優位なのか還元体に優位に作用しているかりアルタイムに体調度
を確認できます。

測定数値がA=41mv~50mvの範囲の場合
1・酸化と還元の状態が境界線の中にありますが、50mv方向に数値
が高くなるほど体内は還元が低下し、体内では酸化する要因が起き
ていることを示します。
2・体内の酸化は、例えばいいますと空気中でいうならクギが、だん
だんだんサビが進行していく状態と考えるとわかるのではないで
しょうか。
3・ですから、酸化は体内がサビ状態が進行すれば体調を悪くする
ことにつながっていきますので還元方向の40mv以下の数値を
目標にすることが大切なのです。

測定数値がA=51mv~80mvの範囲の場合
1・80mv方向に数値が傾くほど体内は還元力が低下し、体内では
酸化する要因が高くなっていることを示します。
2・日々なるべく穏やかな気持ちで、さらに笑顔や声を出して笑う
と体内の免疫力を高め、良好な体調状態を維持できることに
つながることは、医学会の論文発表や、新聞雑誌・テレビなど
でも紹介されています。
3・食生活習慣においては農薬栽培物を避け、緑黄色野菜を中心に
した還元作用が高いとされる食事を摂ることをこころがけましょう。
4・還元作用の高い食事(抗酸化力・免疫力)について、料理雑誌
医学雑誌・食育雑誌や専門書で紹介され、体内の酸化を防ぎ
還元(抗酸化力・免疫力)体質の重要性が盛んに言われるよう
になってきました。
5・悩み、心配事を一人で抱え込むと、ストレストなって酸化方向
の高い数値を示します。
6・農薬栽培物は避け緑黄色野菜の還元作用の高い食事(抗酸化力・
免疫力)食生活を実行すると良いでしょう。
7・暴飲暴食,タバコ、電磁波などは体内は酸化作用にかたむきます。

測定数値がA-81mv~120mvの範囲の場合
1・120mv方向に数値が傾くほど体内は還元が低下し体内では
酸化する要因が高くなっていることを示します。
2・悩み、心配事、を一人で抱え込むと、それはストレスとなって
酸化方向の高い数値を示します。
3・日々をなるべく穏やかな心持で、さらに笑顔や声を出して笑う
と体内の免疫力を高め、良好な体調状態を維持できることに
つながることは、医学会の論文発表や新聞・雑誌・テレビなど
でも紹介されています。
4・食生活習慣においては農薬栽培物を避け、緑黄色野菜を中心に
した還元作用が高いとされる食事を摂ることを心がけしましょう。
5・還元作用が高いとされる食事(抗酸化力・免疫力)についても、
料理雑誌・医学雑誌・食育雑誌や専門書で紹介され、体内の
酸化を防ぎ還元(抗酸化力・免疫力)体質の重要性が言われて
きました。
6・暴飲暴食、タバコ、電磁波などは体内は酸化作用にかたむきます。
7・体の痛み、だるい、食欲不振,極度の疲れ、強いストレスを感じ
たりしていないのに100mvを超える高い数値が出るのが数日
も続くようでしたら、とにかく体を休めたり、専門家のアドバ
イスを受けるようにすることが大切です。

測定数値がA=121mv以上の場合
1・121mvを超えた高い数値に傾くほど、体内は還元力が低下し
体内では酸化する要因が高くなっていることを示します。
2・自分で高い酸化状態の測定結果に特別にこれといった自覚症状
がないような行為はしていませんか。
あまり無理しないで,休息タイムを取り入れて体や心持を穏や
かに、笑うことを心がけると良いでしょう。
3・日々をなるべく穏やかな心持で、さらに笑顔や声を出して笑う
と体内の免疫力を高め、良好な体調状態を維持できることに
つながることは、医学会の論文発表や新聞・雑誌。テレビなど
でも紹介されています。
4・食生活習慣においては農薬栽培物を避け、緑黄色野菜を中心に
還元作用が高いとされる食事を摂ることを心がけしましょう。
5・還元作用が高いとされる食事(抗酸化力・免疫力についても、
料理雑誌・医学雑誌・食育雑誌や専門書で紹介され、体内の
酸化を防ぎ還元(抗酸化力・免疫力)体質重要性が盛んに
言われてきました。
6・悩み、心配事を一人で抱え込むと、ストレスとなって酸化方向
の高い数値を示します。
7・暴飲暴食、タバコ、電磁波などは体内は酸化作用に傾きます。
8・体の痛み、だるい、食育不振、極度の疲れや、強いストレス
を感じたりしていないのに100mvを超える高い数値がでる
のが数日も続くようでしたら、とにかく体を休めたり、
専門家のアドバイスを受けるようにすることが大切です。

測定数値がA=40mv~0mvの範囲の場合
1・酸化と還元の状態が境界線の近い位置にありますが、40mv
以下の範囲にあるのは、体内は酸化状態を上回っていることを
意味します。還元された状態が有意(良好)なことは、風邪
や体調不良の予防につながることになると思います。
2・引き続き、気持ちをやわらげ楽しい思いでお過ごしください。
心の穏やかさ、笑いは体内の免疫力を高めると医療学会でも
発表されています。
3・40mv以下の数値を維持できるように、あんまり頑張りすぎないで
ノンビリと気長に楽しい思いでお過ごしください。
4・35mv以下の範囲にあるのは、体内状態が還元されてよい状態です。
引き続き、気持ちをやわらげ楽しい思いでお過ごしください。
5・25mv以下の範囲にあるのは、体内状態の新陳代謝が良く、気力
ヤル気に満ち溢れ、何事にも前向気になれる素晴らしい還元力の
ある体内状態であることがわかります。
6・このような体内状態にしていくことは、風邪や体調不良の予防に
つながることになると思います。引き続き,いまの生活習慣を
大切にお過ごしください。
7・体内の新陳代謝が活発で、還元作用がとても良い状態なことは
物事に対して積極力・協調力も充実していることが実感できて
いるのではないでしょうか。
8・どんな食生活習慣、日常生活での心の持ちように心掛けているか
教えてください、と聞いてみることが聞き手側に大切なことです。

測定数値がA=0mv以下の範囲の場合
1・0mv以下の範囲にあるのは、体内状態の新陳代謝が良く、気力・
体力・ヤル気に満ち溢れ、何事にも前向きになれる素晴らしい
還元力のある元気ハツラツの体内状態であることがわかります。
2・風邪や体調不良など寄せつけないほど、体内の新陳代謝が活発
で気力も充実してくるのが実感できているのではないでしょうか。
3・体内の新陳代謝が活発で、還元作用がとても良い状態なことは
物事に対して積極力・協調力も充実していることが実感できてい
るのではないでしょうか。
4・マイナスの数値(mv)が出るというのは、体内の新陳代謝が活発で、
良好な状態をあらわしているのです。
なかなかマイナス数値は出ないのでうらやましい体調状態です。
5・どんな食生活習慣、日常生活での心の持ちように心掛けているか
教えてください。と聞いてみることが聞き手側に大切なことです。

唾液:酸化還元確認計「アラ!元気」測定の利点Q & A

Q1:唾液は何を測ろうとしていますか?
A1:唾液は血液から産出されるので、
血液と同等の様々な体内情報を有しています。
ですから生体内物質である唾液の酸化体と
還元体との活量比率を測定すれば体調を総合的に
評価できます。つまり酸化(非健康体)なのか
還元(健康体)なのか測定しています。

Q2:唾液測定の最大のメリットは?
A2:測定者は痛みを伴わず、乳幼児から高齢者の方々
まで、安心して簡単に約58秒で体調度が良いか
または良くないか測定できるのです。

Q3:唾液測定で体内・脳のストレス状態であるかを確認できますか?
A3:唾液は自律神経の影響を受け、ストレス、体内・脳の過労、炎症
痛み、疾病予備軍の生活習慣などで交感神経が優位に作用して、
酸化電位になります。
逆にリラックス、笑い、感動ある生活では副交感神経が優位に
作用して、還元電位になります。
よつてストレス。体内・脳の疲労(過労)、炎症の状態を
自分で数値で確認できます。

Q4:治療薬やサプリメントの使用やメンタルケア―(効果等)を具体的な
数値で示すことができますか?
A4:自分に効果あるのか、又は治療が良い方向に向かっているのか、
自分で数値で日々確認できます。

Q5:私は、毎日体を鍛えるために(歩く・走る・ヨガ・運動器具等で)
身体を鍛えていますが良いか、良い方向に向かっているのかわかりますか?
A5:良い方向の場合は、唾液の数値が低い方向の数値(還元)に下がって
きます。
よって日々自分で数値で一日何回でも確認できます。

Q6:生活習慣病等の(特にガン・・・…)早期発見異状を確認出来、手遅れ防止
をすることに活用できますか?
A6:毎日の唾液測定数値が極端に高い数値を示し、数日を経過しても数値が通常
値に戻らない場合は、早めに専門医に相談検診をしてみてください。

Q7:体温計での熱異状との違いは?
A7:小児科では、体温計で測って異状がないのに、唾液の酸化還元測定では異常
を確認できることが立証されています。