一般医療機器 だ液検査測定器『アラ!元気』で簡単体調度チェック!

生活習慣病の原因と改善策・あなたの体調改善に‼

健康美肌を保つには、老化(酸化)を防ぎ体調を改善することbeauty_skin

 

資料1 夢ナビTALK唾液は血液

資料2 健康カプセル「ゲンキの時間」

資料3 医療と美容業界が注目

資料4 えっ老化を止める!?科学証明

資料5 人の細胞の代謝サイクルはどのくらい?

!体調の異変(酸化・炎症・糖化・老化・ストレス・熱・疲労・美肌糖・・・)を、たとえば、‼体温計よりを超早期確認(自分が数値で=体調度という物差しで)できる。体調改善に役立つ。

呼吸によって体内に入った酸素は、栄養素と結びついてエネルギーを作り出します。そのうち、使わらなかった酸素が酸化して活性酸素となり、細胞が正常に働かなくなることで老化や病気(生活習慣病)が起こります。活性酸素はいわば体のサビ。そのサビを防いでくれるのが抗酸化作用(酸化を抑える作用)です。「アラ!元気」はいくつになっても老いずに健康を維持できることに役立つ医療機器です。

身体(体)の異状=異変を、超早期発見=手遅れ防止でできる医療測定器(抗酸化力・免疫力)。

老いずにいつまでも若々しく健康を維持するのはいかに体の酸化を止めるか!!!

大切なポイント!

 


生活習慣病の原因の90%は、細胞の酸化(サビ)である。

taichoudo

 

資料1 生活習慣病と予防医学

資料2 生活習慣病と予防医学1WMV

資料3 病気を予防 唾液パワー

‼体調の異変(酸化・炎症・糖化・老化・ストレス・熱・疲労・美肌等・・・)を、たとえば、‼体温計よりも超早期確認(自分が数値で=体調度という物差しで)できる。体調改善に役立ててください。

身体の酸化と還元…予防医学、いつまでも美しく(老化)健康で過ごせるか私たちの日々の体調(体調度管理)には不可欠になってきました。

病の原因「サビ=生活習慣病90%・感染病10%(抗酸化力。免疫力)といわれています。)身体の酸化(サビ)が原因、体内を酸化➡

還元することで予防や超早期異常=異変を発見(手遅れ防止を防ぐ)、治療に役立てさらに、老化等を遅らせる医科学、酸化還元分野を,約25年の歳月で厚生省班・文部科学省班・産官学連携抗疲労食薬開発プロジエクトが国費を含む総額30億円超の研究費が投じられ、臨床の最新科学が疲労「酸化(サビ)」の正体を解明。

疲れているのは体じゃない脳だった。

酸化(サビ)➡体➡肌(皮膚)へ……国と:専門医が最新科学で解明。

血液がそのまま唾液となるわけではありませんが、血液は、血液中の成分が唾液の成分になっているので体内を巡る血液と同じ情報を数多く持っていることがわかっています。

人間における健常者と疾病者等の酸化還元電位(アラ!元気)という指標と、体温計・血圧計よりも体内の健康状態を知ることができる。10年に及ぶ唾液採取による測定は、自覚症状がないのに子どもから初期感染していると思われるほど酸化還元電位値がプラス値の高いゾ―ンとなります.

 


活性酸素であなたの体は錆び付いていませんか?

t_check_2

 

資料1 老化が病気の原因

資料2 NHKスペシャル キラーストレス第2回

資料3 freeradical(第2ステージ血液の中)

資料4 疲労のメカニズム解明:原因は活性酸素

‼体調の異変(酸化・炎症・糖化・老化・ストレス・熱・疲労・美肌等・・・)を、たとえば、‼体温計よりも超早期確認(自分が数値で=体調度という物差しで)できる。体調改善に役立ててください。

強いストレスも疲労の原因の一つ

――疲労の原因は。

人が活動すると脳や筋肉で大量の酸素を使い、その過程で「活性酸素」が生まれます。活性酸素は強力な酸化作用を持っており、体に侵入したウイルスなどを分解してくれます。一方、活性酸素が細胞を酸化させ、傷つけます。通常なら、活性酸素から細胞を守るシステムが働いていますが、激しい運動をしたり、強いストレスを感じたりすると、活性酸素の量が増えて、処理できる量を超えてしまいます。あふれた活性酸素によって、細胞が傷つけられ、機能が低下することが、疲労の原因の一つです。

体が疲れたと感じるときは、実は脳の自律神経が疲れていることが多いのです。自律神経は、呼吸、心拍、体温を調整し、体調を維持する機能があります。

疲労するとどんな症状がでますか。

自律神経失調症と同じような症状が出ます。倦怠感、頭痛、耳が遠く感じたり、目がまぶしく感じたり、ろれつが終わりにくくなったり、ふらふらしたり、汗が止まらなかったりなどの症状が出ます。

糖尿病や認知症、リスクがたかまる

―――疲労が蓄積するとどうなりますか。

生活習慣病などの病気になるリスクが高まります。例えば、自律神経の機能が低下すると、相対的に交感神経が優位な状態になり、血糖値を低下させるインスリンの分泌が抑制されます。その結果、高血糖を招きやすくなるので、糖尿病にかかる可能性が出てきます。老化も心配しなければいけません。脳の血管も老化するので、認知症にもなりやすくなります。

―――疲労と老化の関係。

疲れと老化は両方とも、活性酸素による細胞への攻撃で起こります。活性酸素が一時的に細胞を傷つけるのが疲れ、細胞の傷が癒えないまま、傷痕も残りやすくなるのが老化です。体の疲れが抜けない状態でさらに負荷がかかると、傷痕も残りやすくなり、老化が促進されます。


t_check_3

 

資料1 電気化学反応とは

資料2 世界の未来を変える

資料3 健康カプセル「ゲンキの時間」

過剰な活性酸素(酸化=サビ)対策。

活性酸素を増やす食事、睡眠不足、塩素の多い水は避けるように基本的に生活習慣に気をつけましょう。人間の体が活性酸素を消去するために抗酸化物質SOD酵素と呼ばれる酵素。

年齢とともに酵素は減り(30歳~40歳減少)ます、年齢が高いほど活性酸素酸化=サビ対策する必要が出てきます。

SOD酵素と同じような働きをする。

ポリフェノール(ブルーべリ―、アントシアニン)ビタミンC・A・Eも体の酸化=サビを防いでくれます、ポリフェノール…お茶のカテキン最近は水素水、水素吸引も注目されています。しかし私たちはその効果・有効性を何で自分で確認していますか。。。自分の身体が本当に酸化から➡還元(抗酸化作用で抗酸化力・免疫力)に改善されているか自覚だけで科学的に数値をもって確認することができませんでした。

しかし、活性酸素発生・消去するか、科学的に酸化還元電位という数値で表せます、単位はmv(ミニボルト)

プラス➡酸化(サビ)

マイナス➡(抗酸化作用による➡抗酸化、免疫力)

なぜ唾液なのか。

唾液のメリット。

〇血液に比べて圧倒的に有利な点は皮膚に針を刺し入りせずに無痛で検査試料の採取ができる。

〇年齢に関わらず、小児でも簡単に検査できる。

〇血液と違って自分でできる。(資格はいらない)

〇血液や尿と違っていつでも何回でも検査ができる。(血液、尿は体がの結果で・唾液は未来の状態を)

〇唾液は採取したその時点で血液を反映。

〇臨床要求に適している(いつでも、何回もできる。)

〇一回の採取が非常に低コストでできる。(コスト一回約13円程度・測定時間58秒)

〇血液、尿の検査のように有資格者の必要はない、だれでも簡単に。

採取、測定し体調(体調度)の数値を確認できる。

しかし、唾液の酸化=サビと還元(抗酸化作用による抗酸化・免疫力)の体調、体調度の測定で特定の病名等を判定できない。

 

最新投稿